デュタストロンは副作用があるの?知っておきたい薬の事

title

デュタストロンの副作用について

医薬品というものには、ベネフィットだけでなく、副作用というものが、多かれ少なかれ有るものです。もちろん、それはデュタストロンにも、同じことが言えます。

ただ、普通は、たいていの薬であれば、どんな人がどんな場合でも必ず副作用が出るか、と言えば、そうとも限らないことが多いです。

服用した時の体調次第であったり、薬への何らかのアレルギー反応などが原因で、副作用があらわれるような場合もあります。

ちなみに、デュタストロンの主な副作用としましては、つぎのようなものがあります。「発疹」、「頭痛」、「多毛症」、「腹痛」、などです。

もちろん、これら以外にも、いくつか存在しますので、事前に確認しておくべきでしょう。

性的不全症状

いくつかあるデュタストロンの副作用のなかには、性的不全症状、といった例もあげられています。たとえば、「性欲の減退」や、「勃起不全」、「精液が減少する」などの症状です。

デュタストロンが、よくAGAに対して効き目がある理由としては、「5αリダクターゼ」を阻害する作用があるからに、ほかなりません。これは、「脱毛ホルモンDHT」をつくりあげている酵素であり、これがAGAの原因となっているからです。

5αリダクターゼは、男性ホルモンであるテストステロン合わさってDHTをつくりあげるのですが、それをデュタスが阻止することにより、男性ホルモンに何らかの不安定な要素を生じさせ、性的不全症状の副作用の原因になっているのでは、と言われています。

肝機能障害

いくつかあるデュタストロンの副作用のなかには、少し重篤なものも存在します。それは、「肝機能障害」です。

肝臓は、体内に流し込まれてくる様々な飲食物だったり、そこから派生する有機化合物といったものを代謝・合成することなどを行う場所であり、人間にとって重要な臓器のひとつです。

薬やアルコール類といった、体内では刺激的な異物ととらえられやすい飲食物に対しては、とくに代謝にエネルギーを使うこととなり、肝臓を疲弊させる要因になってしまいます。

そのため、デュタストロンのように、ほぼ永続的といえるほど長い年月を通して、毎日飲まなければならない薬を使用している場合には、肝機能障害のリスクが高まり、かなりひどい倦怠感や黄疸、などといった具合で、症状が出る可能性もあります。

精神的症状

いくつかあるデュタストロンの副作用のひとつとして、何をする気にもなれない、であるとか、なんとなく気分が晴れず、ふさぎこむ、というような、いわゆる「うつ」的な症状があらわれる場合があります。これは、服用によって、自律神経がおかしくなってしまうことに起因するのでは、と言われています。

自律神経とホルモンの状態というのは連動しているようなところもあり、デュタストロンの服用により、ホルモンのバランスが乱れ、あわせて自律神経も調子が悪くなり、その結果、うつ症状が出てしまうようです。この症状がひどい場合は、服用はやめた方が良いかもしれません。

女性化

いくつかあるデュタストロンの副作用のなかには、「女性化」と、いったものもあります。

ホルモンのバランスが乱れるため、男性なのに、女性のような胸の膨らみが見られる、と言った症状が出てしまうことがあるそうです。

ほかにも、女性らしさを感じさせるような脂肪が付いてきたり、乳首への痛みが生じる、といったケースも発生しているようです。

こういった現象の原因としては、デュタストロンによって5αリダクターゼが阻害され、DHTがつくられにくくなるため、男性ホルモンより、女性ホルモンの影響の方が強くなるためではないか、と言われています。