デュタストロンの効果は発毛と育毛のWのスゴ技

title

デュタストロンの効果はWのスゴ技

デュタストロンもプロペシアも、両方ともおなじく、男性型脱毛症(いわゆるAGA)に、効果が発揮される薬となっています。ただし、実際には、効果の内容に、若干の違いがあります。

というのも、プロペシアが「男性型脱毛症(いわゆるAGA)の進行を遅らせてくれる」にとどまっているのに対し、デュタストロンは、それに加えて「発毛」の効果も見込まれる、とされているのです。

つまり、プロペシアで「脱毛をおさえる」ことは可能なのですが、新しく髪の毛を生やしてくれる、という効果にまでは至らないのです。

そしてデュタストロンは、脱毛を抑制すると同時に、発毛も期待できる、というわけなのです。

発毛効果

男性型脱毛症(いわゆる「AGA」)が進行してしまうと、髪の質が弱まって抜けやすくなったり、あるいは、あらたな髪の毛が生えてこなくなる、といった現象が起こってきます。

そういった症状を解決したいとき、たとえば「髪の毛が抜けないように現状をキープしたい」という思いよりも、「脱毛を防ぎつつ、新しく髪の毛が生えてくるようにしたい」という思いが強い場合、いわゆる「発毛」というのは、すでに髪が抜けてしまって、あらたに生えてこなくなった場合にトライしたくなるものですが、デュタストロンは、その「発毛」の効果も期待できます。

というのも、デュタストロンは、AGAの原因である「5αリダクターゼ還元酵素」を防ぎ、脱毛男性ホルモンであるDHTが作り出されるのを、抑え込んでくれる作用があるのからなのです。

育毛効果

男性型脱毛症(いわゆる「AGA」)が進行する、と、髪の質が弱まって抜けやすくなってきたりします。健康的な、太くてツヤがあり、ハリやコシがあった髪の毛・・・では、なくなってきます。

そういった症状を解決したいとき、「発毛までは期待しないが、これ以上は髪の毛が抜けないように、とにかく現状をキープしたい」という思いが強い場合、いわゆる「育毛」ですが、デュタストロンは、その「育毛」の効果も期待できます。

というのも、やはりデュタストロンは、AGAの原因である「5αリダクターゼ還元酵素」を防ぎ、脱毛男性ホルモンであるDHTが作り出されるのを、抑え込んでくれる作用があるからにほかなりません。

この5αリダクターゼにはⅠ型とⅡ型が存在しますが、そのどちらに対しても抑制効果がはたらくことは、脱毛を抑えることに対してもかなり有効、といった研究結果が、ちゃんと出ているのです。

デュタストロンで失った髪の毛を取り戻そう

デュタストロンは、スマート社が販売しているザガーロのジェネリック医薬品で、デュタステリドという成分が配合されています。

AGA治療薬のなかでも最新のものであり、プロペシアで効果を感じられなかった人も試してみる価値がある、と言われています。

というのも、テストステロンが5αリダクターゼと合わさって、ジヒドロテストステロンに変化することで、抜け毛や薄毛の原因を誘発させるのですが、5αリダクターゼにはI型とII型が存在しており、プロペシアはI型には効果がないとされています。

そのため、どちらにも効果を発揮するデュタストロンは、効果の面ではプロペシアより期待できる、というわけなのです。