デュタストロンではやそう!最新のAGA治療薬について

title

デュタストロンは最新のAGA治療薬

デュタストロンは、スマート社が販売しているザガーロのジェネリック医薬品で、デュタステリドという成分が配合されています。

AGA治療薬のなかでも最新のものであり、プロペシアで効果を感じられなかった人も試してみる価値がある、と言われています。

というのも、テストステロンが5αリダクターゼと合わさって、ジヒドロテストステロンに変化することで、抜け毛や薄毛の原因を誘発させるのですが、5αリダクターゼにはI型とII型が存在しており、プロペシアはI型には効果がないとされています。

そのため、どちらにも効果を発揮するデュタストロンは、効果の面ではプロペシアより期待できる、というわけなのです。

AGA治療薬とは

Androgenetic Alopecia(略称:AGAと呼ばれる)とは、いわゆる「男性型脱毛症」のことを指しています。これは成人男性に対する脱毛症であり、前頭部・または頭頂部の髪が薄くなっていくもので、日本の薄毛に悩む男性のほとんどが、このAGAである、と言われています。

以前までは薄毛の原因は正確に判明していませんでしたが、最近ではこのAGAのことが確立されたため、治療方法も出てきた状態です。

AGAというのは進行性であり、特になにもせずに放置してしまえば、だんだんと髪の質が弱くなっていき、短く細い髪というだけでは済まず、最終的には髪が生えなくなってしまうものなので、早めの治療が望ましいでしょう。

ちなみにAGAの治療薬に関してはいくつかあり、「薄毛になってしまう原因である、AGAを抑制する」ものと、「発毛を促してくれる」ものなど、効果が分かれます。

AGA治療薬の種類

AGAに関しては、「抜け毛が増える」ものと、「毛を生やす能力が弱くなってしまう」ことが大きな要因となっているのですが、その症状に合わせて、治療薬もタイプが分かれています。

まずは「毛が抜けてしまう状態を抑制してくれる」ものと、そして「すでに毛が抜けてしまい、新しく生えてこなくなってしまった髪の、発毛を促してくれる」ものです。

ちなみに、前者は主に服用するタイプの薬ですが、後者は服用タイプと、塗るタイプ(外用薬)の、両方があります。

基本的には、服用タイプは効果が強い反面、副作用も強くなるおそれがある、とされているようです。

ザガーロ

ここのところ、薄毛対策の治療薬であるプロペシアと作用が類似しているものの、そのプロペシアよりも大きな効果が期待できる、と言われている薬剤が「ザガーロ」です。

日本において、2015年の9月に、厚生労働省から認可がなされた医薬品で、製薬会社である、「グラクソ・スミスクライン株式会社」が、販売を行っています。

この薬剤は、有効成分として「デュタステリド」が配合されていますが、これが「男性型脱毛症(いわゆる「AGA」)の治療対策として、効果を発揮してくれる、とされているのです。

もともとは、前立腺肥大症に対する治療を目的に開発された成分だった、という経緯があります。

プロペシア

プロペシアは、日本国内で初めてのAGA治療薬とであり、2005年に認可がおりている商品となります。

MSD株式会社が販売しており、同社の調査によると、プロペシアの効果は、おおよそ80%という結果を出しているようです。また、ほかのAGA治療薬よりは、あまり副作用の心配は無いと言われています。

もともとプロペシアは、一般名がフィナステリドと呼ばれており、アメリカのメルク社が開発した薬となります。

今では世界の60以上の国で承認がなされているAGA治療薬で、日本においては、13000以上の医療機関で、利用されています。

ミノキシジル

「ミノキシジル」(Minoxidil)とは成分の名前で、化学式はC9H15N5Oとなっています。

その効果としては、血管を拡張させる作用があるとして開発されたものなのですが、のちに、発毛効果もあると判明してからは発毛・育毛剤としても利用されるようになり、日本以外の国では、Rogaine(ロゲイン)の商品名で販売がなされています。日本においては、一般用医薬品として、大正製薬が「リアップ」シリーズを、アンファー株式会社が「スカルプD メディカルミノキ5」を販売しています。

ちなみにミノキシジルの投与方法は、経口タイプと外用タイプに分かれています。

デュタストロンは最強

デュタストロンはザガーロのジェネリック医薬品で、デュタステリドという成分が配合されています。

AGA治療薬のなかでも最新のものであり、プロペシアで効果を感じられなかった人も試してみる価値がある、と言われています。

というのも、テストステロンが5αリダクターゼと合わさって、ジヒドロテストステロンに変化することで、抜け毛や薄毛の原因を誘発させるのですが、5αリダクターゼにはI型とII型が存在しており、プロペシアはI型には効果がないとされています。

そのため、どちらにも効果を発揮するデュタストロン は、効果の面ではプロペシアより期待できる、というわけなのです。

また、同じAGA治療薬のなかでも、効果が強いと言われるミノキシジルタブレットなどにくらべてみると、副作用のリスクは、まだ低いほうになるので、安全面を重視する人には安心でしょう。

そのうえ、ザガーロと同じ成分・効果でありながら、ジェネリック医薬品であるため安価に手に入れることができるデュタストロンは、経済的にもオトクと言えます。